LIFE

「人生の転機」を記す。 【私の転機は自分で決めました。】

どうも。ハピおじです。

人生一度きりならやりたいことを片っ端しからすべてやってみる価値はある。失敗したとしても生活最低限のお金を残しておけば何度でもやり直せます。行動しない人生のリスクはあまりに大き過ぎます。時間だけが過ぎ、なんの経験も積み上げられない状況を作ってしまうから。

さて、突然ですが、
みなさんは人生の転機はドラマのように現れると信じていますか?
結果からいうとそれはNOです。

あなたの人生が大きく変わるタイミングは誰も教えてくれないし、岐路は存在しません。また、年齢はただのアンカーであってターニングポイントではありません。運命や転換期を信じて待っていたとしても後悔だけを残して人生最期の瞬間を迎えることになる可能性が高い。

少し前の私はまさに特別な転機は人生に存在していると信じていました。

私の運命の日は必ずやってきてくれる。人生の岐路は必ず存在する。そう信じて何十年も過ごしてきました。でも、コロナ失業中40歳の誕生日を優しい家族と迎えてふっと冷静になりました。

私の人生を変えてくれる出来事はいつやってくるのか?

 

これから先、自分の誕生日を家族と迎えるたびにこの質問を投げてはまた一年待つのか?転機は誰が運んでくれるものだろうか?このまま人生の転機が訪れず歳だけが過ぎたらどうなるのか?

そう思うと本気で背筋がゾッとしました。そうなんです、恥ずかしながら自分の人生の舵取りが全くできていない状況に40歳になって初めて気づきました。そして、それから毎日寝れない日々がしばらく続きました。

それから「どうしたら自分の力で人生の舵取りができるか?」を真剣に考え出しました。

そして、思い浮かんだのが、

今ならコロナ失業を機にすべての因果を断ち切って生活環境を変えることができる。今見えている望まない未来とは違う景色を見るチャンスがある。人生をやり直すには40歳なら十分すぎる時間がある。そう思うことができた。

知っていますか?

この世界には自分のやりたいように人生の駒を進めている人が少数ではなくてとてもたくさんいる。世界の成功者を見ればキリがないし、億万長者と自分の境遇を比べるには現実離れしている。ただオンラインの世界には自分の力で人生の舵取りをし成功してる人たちがいます。

例えば、以下の3人の有名ブロガーさんは収入を大きく変えています。
以下の情報はそれぞれのブログで公開しています。

manablogのマナブさんこちら

  • 2016年 年収150万
  • 2017年 年収1,800万
  • 2018年 年収3,300万

作業ロケットのアフィラさんこちら

  • 2015年 年収41万
  • 2016年 年収112万
  • 2017年 年収359万

転職アンテナのmotoさんこちら

  • 2017年 年収200万
  • 2018年 年収2000万
  • 2019年 年収5000万

 

マナブさんは元ひきこもりプログラマー。
アフィラさんは元公務員。
motoさんは地方ホームセンターの販売員。

私がこの3人から考察しました。

  • 出世コースを生きてきたわけではなく、自分で切り開いてきた。
  • 1年目から収入確保ができたわけではない。
  • 3年で収入は変わる。
  • オンラインの世界は個人の活動がそのまま収入に反映される。
  • 収入が今と同じだとしても時間と場所は自分の好きにできる。
  • 築いたことは財産として自分に貯蓄される。

3年で人生が変わると聞くとちょっとドキッとしませんか?私は、このことに気づいて真剣にこれからの3年間について考えました。ちなみに最近は1年で人生変えてる人もいますね。

そして、自問自答。

  • 今の仕事3年で、年収3倍以上が期待できるか?
  • 今の仕事3年で、人生への投資はあるか?
  • 今の仕事3年で、老後への安心材料が作れるか?

 

そして、すべての答えが”NO”だった私がとるべき行動は以下の2つではないか?

 

  1. 現職の労働環境改善に労力を尽くす。もちろん、大幅な収入増は望めない。or
  2. 自分の人生を変えるため具体的な行動を今、この瞬間から起こす。

 

さあ、あなたはどちらを選びますか?
もちろん、私は②番。だから、このブログを書いています。

あなたはどこへ向かう?まずはドリームライン作成。

 

線 鉛筆

なぜ人は未来を想像して不安になるのでしょう?

  • それは具体的な目標が定まっておらず、自分の現状から具体的にどう行動すればいいか分からないのが原因。
  • または目標が曖昧、方向性が間違っている。
  • そもそも目標自体が達成不可能な内容だとすれば、行動意欲が削がれ達成する気がなくなります。

勢いだけで達成できない目標ばかり立てていると目標未達でも気にしない悪習が起こります。そうすると達成しないが当たり前になり達成意欲が湧きません。手が届きそうで届かないくらいの目標作りが重要になってきます。

ドリームラインを描きましょう。


さて、あなたはドリームラインを知っていますか?
簡単にいえば、自分の成し遂げたい目標までのやるべきことを記した表

大体は半年かそれより短い期間で作っていくのですが、人生を大きく変えたいときはもっと先を見ながら行動する必要があると思います。

私はそれを少しアレンジして自分なりのドリームラインを作成しています。もしやってみたい!という方は、まずはノートでもコピー用紙でもなんでもいいので紙と鉛筆を用意ください。

そして、

  1. 紙の端から端へ一本の線を引きます。
  2. その線の両端に丸印を付けます。

(上記イラスト写真のように。)

そして、その丸印のついた線を見てこう考えてください。

  • 左端は、「あなたの今の生活。」
  • 右端は、「あなたの目標の生活。」

右端の「あなたの目標の生活」に必要な情報は、
例えば、年収、住んでる場所、家族構成、仕事内容、労働時間、年齢(いつまで)を記入ください。

*私の場合;月1千万円、世界中好きな場所にいる、妻と子供3人、オンラインビジネス経営、週4時間労働、45歳(5年後)までに達成する。

さあ、どうぞあなたも気楽に書いてみてください。

できれば、より細かく、そして自分の本心と向き合って。この作業は周りを気にしなくてもいい環境が望ましい。誰の干渉も受けないところで一人で作成するのがベスト。

  • 数年後にはどんな生活を送りたい?
  • 本当の自分はどんな生活環境を望んでいるのか?
  • 目標達成の年齢(期限)も入れてください。

それが書けたら次はその線の真ん中に丸印を入れてください。

 

それがあなたの解放宣言年です。

 

その年にあなたの収入バランスを変えます。やりたくない仕事と完全におさらばし、やりたい仕事だけ生計を立てれる年です。もし会社勤めをしているなら退職届けを出す年になります。達成した時の自分へのご褒美も一緒に考えてください。(👈ここポイントです!)

どこかのんびりしたハワイやグアムへ家族旅行へ行くとか、食べるのが好きなら完全予約制の最高級フレンチレストランで食事する。何したくないならしばらく何もしないという洗濯もあり。思い当たることを手当たり次第全て実行するなんて最高の贅沢ですよね!

自分でビジネスをするということはこういうことがいつでも可能になるということです。

では今度はその線の真ん中に書いた点、「解放宣言年」の詳細を先ほどと同じ手順で書いていきましょう。
同じように年収、住んでる場所、家族構成、仕事内容、労働時間、年齢(いつまで)を記入ください。

*私の場合;月50万円、国内(カナダ)にいる、妻と子供3人、月ベースでブログ収益15万円、アフェリエイト収益5万円、オンラインストア 収益30万円、週20時間労働、43歳(3年後)までに達成する。達成したら年3回ペースで長期家族旅行に出る。

下記URLにドリームラインのサンプルがありますので利用したい方はどうぞ。

ドリームラインのサンプルはこちら、

このドリームライン作成が一番楽しい時。しっかり心躍らせて作成し、そして表を毎日眺めて日々の活力にしましょう!心の整理という意味でもこれは使えますね。最近ではこのほかに瞑想で使用している「願望と意図リスト」という似たような役割のものがあるのでそれはまた後日記事にします。では、次回は解放宣言年と現在の差をどうやって埋めていくのか解説していきます。

 

*このブログは、オンラインビジネス構想から完全自動化までのロードマップを発信しております。私と一緒にオンラインビジネスの構想から完全自動化まで一緒に頑張ってみませんか?