MA

簡単!初心者でもわかるペルソナ 作成方法【ペルソナって必要?】

ペルソナマーケティング

どうもマーケティングを愛してるサダです。

いきなりタイトルの疑問に対しての答え言っちゃいますが、ペルソナって必要?って書いたのですが。

答えは、必要です。

その理由を私なりにまとめてみました。

ペルソナが必要な理由

迷う

理由①顧客像がブレない

ペルソナがいないとマーケティングする対象がどんどん変化してマーケティング迷子になる。これありがちなんですが、よし!マーケティングしていこうってなった時に一番始めにイメージしてた顧客像がいつの間にか全く違うものになってることがあります。ひどい時は性別や対象年齢まで変わってることあります。ペルソナ設定があればそういうことなくなります。

また、チームで活動しているなら各個人が想像している顧客像のすり合わせが行えます。

理由②顧客を知ることができる

ペルソナ作成はいわば、まさにこれから試合を行う対戦相手のようなものです。必ず分析する必要があります。そして対戦相手を分析しないと試合に高い確率で勝つことはできません。まぐれで勝つことがあるかもしれませんが、それでは戦略ではなくてただの運になってしまいます。

マーケティングも同じで自分のお客さんのことをよく知らずにどうすれば商品を買ってくれるかなんてわからないですよね?まずは商品を買ってくれる相手を分析するためにペルソナ作成が必要です。

理由③マーケティング施策で必要になってくる

ペルソナ作成はマーケティング施策で困った時のブレない判断基準になってくれます。そして、次のステップに進みやすくなります。

ペルソナ作成はカスタマージャーニーマップで必ず必要になってくるのでその後のマーケティング施策がスムーズに行えるようになります。ちゃんとした手順でペルソナ作成すれば最高の仲間になってくれるということです。

ペルソナはただの想像?

顔のない人

ペルソナに対して否定的な方もいます。
その理由としてペルソナはマーケターが作った想像上の人物だから実際の顧客行動とは違うから役に立たない、と思われています。

極端な言い方ですが、マーケティングしていない人にとっては遊びに見えるかもしれません。でも、ペルソナをみんなで共有することで顧客像を同じにできることも確かですよね。なら、ペルソナ作成しないよりした方が断然マーケティングの話が具体化していいですよね。

確かに想像上の人物であることは間違いないですが、それはペルソナ設定時のリサーチが甘いからそうなるのです。詳しい下調べやリサーチ、検証が行われていれば現実にいる人とほぼ変わらないペルソナ作成が可能です。

たくさんのデータや検証を元にしていないと起こりうる問題の1つなのでペルソナ設定する時は気をつけてください。

また、ペルソナのリサーチする方法がない。と困ってる方もいますが、それは情報の検索方法を知る必要があります。

マーケティングは情報収集が命になりますのでどうすれば欲しい情報が手に入るかは自分で知っておきましょう。

もし、わからなければGoogle先生に聞けば教えてくれます。

ちなみにペルソナのリサーチの方法は、このブログの下あたりに実際の作成方法で紹介してるので参考にしてください。

ペルソナの成功例

大勢の人 矢印

一度ペルソナ作成の手順がわかれば、他のどんなビジネスでも応用できます。正確なペルソナ作成できるようになるとどんどん顧客が増えていくのでほぼ無敵です。

ペルソナマーケティングの成功した例

大手企業はもう数年前からやってますね。

そして、今はさらにマーケティングオートメーション、カスタマージャーニーに必要不可欠なペルソナ設定なので第2のペルソナマーケティングブームがきそうです。

ペルソナは今後とも必要なマーケティング手法の1つなので知ってて損はないです。

次は実際の手順をお伝えします。

実際のペルソナ作成手順

to do list

①まずは簡単なペルソナ作成

自分なりの簡単なペルソナ作成を調べながらしつつ、もう一方ではクライアントや社内の人などいろいろな立場の方を交えて行ってください。

始めから完璧なペルソナ作成をここで行おうとしなくても大丈夫です。この段階では、お互いのイメージと意見のすり合わせという意味も兼ねています。

特にたくさんの人が関わるとそれぞれがもってる顧客像は多かれ少なかれ違います。イメージしてるものを一旦集めて簡易のペルソナを作成してください。

個人ビジネスの場合は、次のステップの下調べと同時でも大丈夫です。

簡単なペルソナ作成が難しい方は、まずペルソナ候補が集まりそうなコミニュティ、SNSに参加してください。実際に存在する人の言動や行動に触れるのが一番わかりやすいとおもいます。

②リサーチでペルソナ設定の確認をする。

このリサーチがとても重要です。

ここで手を抜いて簡単に作ったペルソナのままマーケティングを進めてしまうから成果がないという結果に陥ってしまいます。簡単なペルソナが実際にたくさんの顧客を運んできてくれるかどうかはこのリサーチの部分にかかっています。

ちなみにリサーチする時に信憑性の低い情報だけに偏るのは避けましょう。政府や調査会社をベースにリサーチしてあとは専門のコミュニティなどで確認するなどの方法がオススメです。

ペルソナの精度が高くするには以下のサイトを利用してみてください。

  • 総務省統計局
    情報としての質は高いです。ただ、量がかなりあるので自分の顧客に必要なトピックを拾い上げましょう。例えば、30代女性の傾向とか消費の流れをここで調べてペルソナをより現実味のあるものできますね。
  • Googleアナリティクス
    ウェブサイトがあるならこれから作成するペルソナと現時点での利用者と比べましょう。ペルソナがあまりに利用者とかけ離れているとゼロスタートと同じになってしまいます。ゼロに何をかけもゼロです。商材が伸びる自信があるならいいのですが、そういうのは1つ成功してからでもいいと思います。
  • ラッコキーワード(旧;関連キーワードツール)
    ペルソナの行動部分で参考にしてください。ペルソナがどういう悩みがあったり、どういうことに価値を感じるかという部分ですね。Q&Aページなんかはとても役に立つと思います。
  • ツイッター
    SNS全般と言いたいところですが、あえてツイッターにしているのはこれは他のSNSに比べて個人が特定しにくい分、本音が飛び交ってるのが利点です。ペルソナが集まりそうなコミュニティなどに参加すれば最新の傾向がわかります。ただ、気をつけて欲しいことはツイッターでの情報を全て鵜呑みにしないことです。個人が特定できない分、情報の信憑性は高かったり低かったりします。発信してる相手を見極めていきましょう。

この確認作業はやればやるだけ時間が必要になります。だからといって世論や統計を入れないペルソナ作成ほど意味のないものはありません。複数サイトを確認しバランスの取れた情報収集をしましょう。

③ペルソナのストーリー、セグメントの作成を行う

ペルソナに必要な情報が集まったらペルソナのストーリー(履歴)を作成しましょう。ペルソナの過去から現在まで。学歴、職歴、趣味、癖、行動、思考パターンなど集めた情報を元に作ってください。この作業が好きな人多いと思いますが、間違っても自分の想像のままに作成しちゃったらダメですよ。楽しみながらも冷静に。

また、ペルソナがどのゼグメント(「趣向」「地理的条件」「フィールド」「人口変異状況」など、何らかの基準で区分する一つ一つの要素)に属するかなども決めておくといいですね。

ちなみに個人で活動してるなら①、②、③の作業をほぼ同時にできると思うので効率重視の方はやってみてください。

④確認、検証、違和感ない?

あなたの知り合いやコミュニティにペルソナに近い人がいれば、完成したペルソナについて聞いてみましょう。もしくはいくつかの質問とペルソナの答えを用意して、同じような答えがペルソナに近い人から得られるかの確認をしてみましょう。

検証してみてしっくりいかないようだったらもう一度ペルソナ設定のやり直しです。根気のいる作業ですが、ペルソナは景気や時代によって変化していくものでもありますので、ペルソナ設定がズレているとすべての数値が伸びることはありません。

定期的な見直しも必要です。

ペルソナが完成した後、一定期間を置いてウェブサイトの新規利用者の伸びや購入者の傾向を確認してペルソナのセグメントやペルソナに似た顧客が増えていれば成功です。あとはその精度を高めていくだけです。

カスタマージャーニーマップ作成後であれば、購入まで至った顧客がペルソナと合致しているかでも見ることができます。離脱が多いようだったらカスタマージャーニーのタッチポイントのミスか、ペルソナ設定自体に何か問題があるということです。

 

どうでしょうか?

そこまで難しくはないと思います。予算も特に必要ないので情報収集と分析の時間さえあればできることです。

ペルソナに似た顧客が増えてくるととても嬉しくなるのでビジネスしてる方はやってみる価値ありです。

ペルソナ項目紹介

ペルソナの例
・名前
・性別
・年齢
・職業
・収入
・家族構成
・居住地
・趣味
・休日の過ごし方
・好きな雑誌やメディア
・担当している主な業務
・悩んでいること
・チャレンジしていること
・検索(連想)しているキーワード
・普段から好むこと
・普段から避けていること

基本、履歴書的なことから、少し深堀りして内面的な判断基準まで考えてそこから行動パターンに枝分かれさせていきましょう。どんな人もそうですが、気持ちがベースにあって行動に反映されるという基本は忘れないでください。

余談ですが、
私はマインドマップ利用してどんどんつなげていく派です。行動の根元があり、そこから複数の末端に反映するという考えなのでマインドマップがうまく当てはまります。

マインドマップ使ったことない人は以下のものどうぞ。無料です。
MindNode

まとめ

ペルソナ作成は、簡単に済ませてしまうこともできれば、やらなくてもマーケティングはできてしまいます。ただ、大切なことはマーケティング施策を考える前に自分たちがどんなリード(見込み客)に向けて活動しているかを考え、その分析をすることだと思います。顧客理解はマーケティングの基礎の部分です。ペルソナ作成は顧客理解のきっかけになるのでやってみて損はないです。

一番ダメなパターンはやらずに語る、だと思います。知識がありすぎて困るということはありません。

あと、マーケティングの本探してるようでしたらこちらカスタマージャニーマップの本なんですが、ペルソナについても書いてあります。私も持っていますが、ビジュアルで説明多くあるので初心者の方でも読みやすいです。とくにマーケティングチームとして1から活動される方には特にオススメの本です。

はじめてのカスタマージャーニーマップワークショップ(MarkeZine BOOKS) 「顧客視点」で考えるビジネスの課題と可能性

ここまで読んでいただいてありがとうございます。
では、また次の記事で。